ピッコマ│俺一人で自動狩り【第21話】のネタバレ&感想

俺一人で自動狩りのネタバレ&感想

本記事では、ピッコマ漫画『俺一人で自動狩り』第21話のネタバレをご紹介しています。

この世界では、ハンターと呼ばれるモンスターを退治し莫大な富を得る彼らは、とにかく憧れの存在として見られていた。

そんな中、平凡な毎日を送り続けていた「優星」は、突如として”自動狩り”と呼ばれるボタン一つで完璧な戦闘能力を得られる機能を手に入れてしまう…

以下から、俺一人で自動狩りのネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

俺一人で自動狩り【第21話】のネタバレ

完璧にとどめを刺したハズが、気が付けばもう一体のジャイアントフィッパーに掴まれ、今にも口の中へと放り込まれそうになっている長野。

攻撃が背中に直撃し、既に意識は朦朧としていた。

 

長野(くっ…このまま死ぬわけには…)

(他のメンバーは何をしてるんだ…早く助けに来いよ…!)

そんな事を思いながら餌として、ガバっと大きく開いたジャイアントフィッパーの口に運ばれていく。

 

グシャッ…

そんな時…突然ジャイアントフィッパーの触手が引きちぎれた…!

そして、触手から解放され落下していく長野は、誰かに身体を掴まれ…恐る恐る目を開くと

そこには優星の姿があった。

どうにもならない状況

優星に体を掴まれながら長野は困惑していた

(まさか俺を助けに…?しかし、フィッパー2体相手じゃどうにもならない!)

 

優星「ちょっと揺れますよ」

ジャイアントフィッパー2体に囲まれた状況で、優星はいきなり長野の体を放り投げた!

 

長野がジャイアントフィッパーに取り込まれそうになる寸前で、優星は猛スピードで加速し長野の身体をキャッチ…

そして、成治に教えてもらった技を使いながら高速で触手を駆け抜けていく!

 

優星(この人を連れて戦える状況ではない…一気に走って反対側の建物に避難しよう。)

しかし、そんな長野を抱えた優星の元にもう一体のジャイアントフィッパーが追いかけてきていた。

 

既に空中へジャンプした直後だったため、追撃をかわし切れず触手による攻撃を受けながら二人はビルの中に吹っ飛きとばされる。

幸いようにもフィッパーはビルの中に入った優星たちをまだ認識できていないらしい。

 

少し息を整え長野は優星に感謝を述べつつ、ジャイアントフィッパーの触手の間を駆け抜けることができたのか質問する。

それに対して、優星は成治に教えてもらった技術を説明する。

長野(簡単に言ってるが…習った程度で出来ることじゃない…)

 

そんな時、長野の元にチームメンバーからようやく無線が入る。

自分の事を見捨てたことに対して腹を立てながらもグッと我慢し…

今回の作戦は失敗であること。

そして、この場からの全員撤退を告げる。

 

本来であれば、最初はジャイアントフィッパー1体の討伐。

その後に無理なく残りのフィッパー達も片付けるつもりだったが、イレギュラーが起きた以上仕方ない状況ともとれる。

 

しかし、撤退を命令されても、優星だけは一切退く姿勢を見せなかった。

優星「さっき言ってましたよね。俺は外部の人間だって」

「つまりチームが撤退しようが俺には関係ありませんので」

「そっちは怪我もしてますし…撤退まで隠れててくださいね」

「…それくらい、分かるでしょ?」

 

フィッパー達が見える位置まで移動した優星は、先ほどの戦いを軽く振り返っていた。

実は、フィッパーに囚われていた長野を救助した時は自動狩りは使わず、優星自身の力だけで動いていたとのこと。

だが、まだ実力不足であるため、ここから先は自分の技術・体力だけで戦うことは無理だと改めて実感する。

 

優星(これは狩りだ。やるかやられるかの戦場なんだ。)

(勝つための戦力なら…いくらでも活用しないとな)

そして、優星は自動狩りを有効化する…!

撤退要請…そして

優星や長野たちに指示を出す「メイン指揮センター」では、花山が直々に現場の状況をモニター越しに確認していた。

花山(グレーアントの時にはあんな動きはしていなかった…)

優星の動きを見ながら、成治が現役時代に使っていた技であることを思い出す。

完璧ではないにしろ、2ヶ月間という短いスパンであれだけ高度な技術を使いこなせるようになっている優星を見て、花山は改めてQRコーポレーションに引き入れたいと強く感じていた。

 

そこに長野から現場の状況を伝える連絡が届く。

だが、状況を立て直すのではなく”撤退要請”を求めてきた彼にイラっとしながらも、自主性を優先してチームを育てている花山はあえて撤退を受け入れた。

…しかし、長野の報告によれば優星はその場に居ない様子…

 

花山「屋上…」

長野「えっ?」

花山「屋上に行けって言ってんだよこの馬鹿が!そこで優星の様子をカメラでとらえろ!」

 

花山は今回の作戦でQRコーポレーションの実力を優星に見せつけ、チームへ改めて勧誘しようとしていた。

だが、そんな思惑とは裏腹に恥までさらす事態に怒りを隠せなかった。

 

そして、長野が屋上まで上がり、優星とジャイアントフィッパーの様子を配信した映像がモニターに映し出される…!

花山「あれは…一体…!」

\ 全話更新中! /

俺一人で自動狩り【第21話】の感想

今回はジャイアントフィッパー2体との戦いでしたが、あれだけ冷静そうな花山が長野に対して怒り狂っていて、長野がさらに可哀そうになりましたね…

ストーリーの展開的には女王アリ戦と同じような状況なので、既視感がめちゃくちゃあるんですが…

まぁまだ優星の実力があまり知られていない序盤の方なので、こういった噛ませ的なキャラとの絡みが多くなるのは仕方ないのかもしれませんね。

次回は恐らくジャイアントフィッパー戦とのラストですかね?どんな戦術で倒すのか楽しみです!

俺一人で自動狩り【第21話】のネタバレ&感想まとめ

というわけで、今回は、ピッコマ漫画「俺一人で自動狩り」第21話のネタバレならびに感想をご紹介しました。

俺一人で自動狩りのビジュアルも見たい…という場合は、ピッコマで連載中ですので、ぜひぜひチェックされてみてください!

オススメ電子書籍
U-NEXT


31日間まるまる月額料金が無料!

さらに登録するだけで600円分のポイント付与!

アニメや映画も無料期間中に楽しめますッ!

U-NEXT公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です